ホームで劇的逆転勝利

試合終了間際の90+2分、原口の執念の勝ち越しゴールに豪雨のスタジアムが震えた。「We are REDS!」がこだました。

Jリーグ第5節ジュビロ磐田戦は6日、埼玉スタジアムで行なわれ、前半に先制された浦和レッズが後半の2得点で2-1の逆転勝利。リーグ通算4勝1分とし、リーグ不敗をキープした。

レッズは前節のアルビレックス新潟戦の途中から、負傷した永田 充に代わって3バックの真ん中に入った那須が、ACL全北現代モータース戦に続いて同ポジションで先発。リーグ戦初先発を果たした。那須以外の10人は第1節から第4節までのメンバーが変わらずピッチに立った。

低気圧の影響で次第に風雨が強まる中、試合は19時4分、磐田ボールでキックオフ。ジュビロは今シーズンからシステムを3バックに固定しており、レッズとは3バック同士の対決だ。立ち上がりは両チームとも悪天候を考慮してか、ゆっくりと様子を見ながらのプレーが続いた。

相手が5バック気味にしてブロックを形成し、守備的に来たのを確かめながら、ボールをつなぐことで先にリズムをつかんだのはレッズだった。全体が押し上げながら中央にボールが入るタイミングで3人目、4人目がゴールを狙いに行く動きを見せ始めていた18分。ドリブルで中央突破を計った興梠がペナルティーエリア内で相手DFに倒され、PKを得る。…

(元記事: http://bit.ly/Y2gXeu 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です