「サポーターがすばらしい雰囲気を作ってくれた」ミシャ監督

Jリーグ第2節 vs名古屋グランパス 試合後のコメント

「決して簡単なゲームではなかったです。名古屋は立ち上がりからアグレッシブに、我々の後ろからの組み立てを寸断するために、前から圧力を掛けてきました。慎重に入らざるを得ない、難しい前半の立ち上がりだったと思います。

たた我々は90分を通して、前から圧力をかけるというのは無理だと考えていましたから、落ち着いて対応ができたと思います。

前半は本来のうちの形はそれほど多く作れませんでした。ただスペースはあいてくると考えていましたし、時間とともに本来の攻撃の形が出せていったと思います。今日のゲームもたくさんのサポーターが足を運んでくれて、すばらしいスタジアムの雰囲気を作ってくれました。我々は幸せです。これだけ多くの方たちの前でプレーができるのですから。さらに期待に応えるために戦わなければなりません」

(元記事: http://bit.ly/YjtyV2 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です