「自分たちがやるべきことに集中することが大切」ミシャ監督

Jリーグ第2節 名古屋グランパス戦 前日のコメント

「あらためて新しいことを私の方から言うことはないです。毎試合、毎試合が我々にとって厳しいゲームであることは変わりありません。名古屋は、すばらしい監督が率いて6シーズン目を迎える成熟した経験のあるチームです。過去の5シーズンを見ても、常に上位、ACLにも出場する強豪です。我々はそうした相手に対して全力で戦うだけだと考えています。

昨シーズンよくあった傾向として、良い試合の後に良い内容、結果を出すことができないことがありました。浮かれることなくゲームを戦うこと、基本である走る、戦うということをしっかりやることが必要です。

サンフレッチェ広島戦のようにしっかりと戦いたい。広島戦は60分まではしっかりできていました。それをできるだけ長くやりたいと考えています。

過去の出来事からの影響なのか、ホームで結果を出せないことが昨シーズンは多かったですが、我々はホームゲームで、我々のサポーターの前でアドバンテージを感じて戦う、それをここまで選手たちにも伝えています。何も恐れずに明日も戦いたいと考えています」

(元記事: http://bit.ly/ZlyklQ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です