AFC初戦、アウェイで勝ち点を奪えず厳しい結果に

胸高鳴るアジアの舞台に浦和レッズが5年ぶりに戻ってきた。2013AFCチャンピオンズリーグF組グループリーグ初戦、広州恒大(中国)との試合は2月26日20時(日本時間同日21時)、中国広東省広州市の天河体育中心でキックオフされた。

キックオフ時の気温は約22度、湿度75パーセントと蒸しており、またスタジアムは約9割ほどが埋まり、2月とは思えないほどの熱気が漂った。

両チームとも赤をチームカラーとしており、スタンドは赤一色。選手たちがウォーミングアップを開始した際には広州サポーターたちの歓声がわき起こった。約800人のレッズサポーターたちもこれに負けじと思い思いの旗を出し、選手を鼓舞する応援ソングを歌った。「We are REDS」もこだました。試合開始15分前にはピッチ全体に水がまかれた。

レッズの先発はGK加藤、3バックは右から森脇、永田充、槙野、右アウトサイドに梅崎、左アウトサイドに宇賀神、ダブルボランチに阿部と啓太、2シャドーには柏木とマルシオ リシャルデス、1トップには原口が入った。控えは山岸、那須、野田、山田暢、関口、矢島、阪野。帯同メンバーの内、小島と興梠がベンチ外となった。

(元記事: http://bit.ly/15OA515 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です