ペトロ監督 ターンオーバー制導入で“落胆禁止令” (スポニチ記事)

浦和のペトロヴィッチ監督が“落胆禁止令”を出した。1次合宿地の宮崎からさいたま市内に戻って練習を再開。指揮官はリーグとACLを並行で戦うため選手たちに「レギュラーは固定しない」と方針を説明し「1試合外されたからといって精神的に落ち込まないように」と戒めた。

疲労を軽減するため先発を入れ替えながら戦うターンオーバー制は海外の強豪クラブでは頻繁に見られるが、日本ではまだ浸透していないだけに先手を打った格好。DF槙野は「選手同士でケアし合っていきたい」と話した。

(元記事: http://bit.ly/WkAR2v スポニチ記事)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です