「全員でアグレッシブに動いて、走って戦う」堀 孝史コーチ

pckIMG_5343

天皇杯4回戦 vs横浜F・マリノス 前日のコメント

「ミシャさんが腰の治療のためヨーロッパに行っていますが、明日の試合も含めて1試合でも多く勝って、優勝するということがミシャさんの腰に一番良い薬になるんだという思いをチーム全員がもって、臨みたいと思います。難しい試合になるとは思います。
ただ、そういう気持ちをもって戦うこと。そして、今シーズン進めてきたことを全員で出して、良いゲームをして勝ちたいと思います。
F・マリノスに関しては、リーグ戦の序盤苦しんでいましたが、終盤になってチームとして、僕が思うに一番仕上がっているというか、勢いのあるチームのひとつになったと思っています。本当に難しい試合になると思いますが、うちもACLを勝ち取った勢いをもってしっかり戦いたいと思います。

F・マリノスは今シーズンのリーグ戦のデータを見ると、負け数が一番少ない、引き分けが一番多い、失点数も一番少ない、非常に堅実な戦いをしてくるチームだと思ってます。

ただ、うちも今年やってきた攻撃的に試合を進めていくということ、全員でアグレッシブに動いて、走って戦う、そういう今年やってきたことをしっかり出せば充分やれる相手だと思っています。最初にも言いましたが、ミシャさんのためにも、チーム一丸となって戦いたいと思ってます」

(元記事: http://bit.ly/WbiAlA 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です