コラム「5年前の今日(2007年12月13日)」

5年前の12月13日(木)、浦和レッズは日本のクラブとして初めてヨーロッパチャンピオンと公式戦で対戦した。

2007年、初めて挑戦したAFCチャンピオンズリーグで優勝した浦和レッズは、アジア王者としてFIFAクラブワールドカップに出場した。

かつてのFIFA世界クラブ選手権が2005年からFIFAクラブワールドカップとなり、日本での開催が続いていたが、日本のクラブが出場するのはこれが初めてだった。レッズは12月10日(月)の準々決勝でイランのセパハン(開催国枠でACL準優勝クラブが出場)を下し、13日準決勝に進んだ。相手は06/07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグを制し、7度目のヨーロッパチャンピオンになったイタリアのACミラン。

これまで国際親善試合(プレシーズンマッチ)で、各国の現役代表・元代表が居並ぶビッグクラブとも何度か対戦してきたが、公式大会、それもクラブの世界一を決める大会で当たるのは初めて。選手たちは相手をリスペクトしながらも、「胸を借りる」のではなく、決勝進出を目指して試合に臨んだ。

(元記事: http://bit.ly/UCvrw5 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です