「価値のある今年の成果」ミシャ監督

Jリーグ第32節 vsサンフレッチェ広島後のコメント

「今日の浦和対広島というゲームは、メディアにとっても非常に注目度の高いゲームだったと思います。ここ数年、浦和は低迷してきた中で、このように注目を集めるゲームができることは良いことだと思いますし、浦和にとっては、そういうゲームを迎えることができるというのは、価値のある今年の成果だと思います。

今、首位を走る広島との対戦で、決して簡単なゲームではありませんでした。今日のようなゲームがしっかりとできていれば、我々は今シーズン、もしかしてリーグ優勝できたかもしれません。ここ数試合、勝てていない、それは札幌戦で負けたことが重くのしかかったのかなと感じています。

札幌戦で負けたことが選手に焦りを生み出してしまったと感じます。仙台戦、セレッソ戦、川崎戦と良いゲームをしていたにもかかわらず、残念ながらポイントは取れませんでした。

ただ、ゲームの内容自体はベターにできていたと感じています。私が選手に言ったことは、サッカーというのは時としてそういうことが起こってしまうということです。良いゲームをしていてもなかなかポイントが取れない。我々にとってもそういう時期でした。ただ、良いゲームができていて、それは今後に必ずつながるはずだと。そういう話を選手にしていました。広島は私自身、よく知っているチームです。今シーズンの広島は私が率いていた時代と若干、変化していて、今は良い守備をしたところから相手の隙をうかがってカウンターというサッカーに変化してきていると感じています。

攻撃の内容に関しては若干、私のいた時代を変わっていると思いますが、守備のところから相手の隙をうかがって攻撃を仕掛ける、そういう広島であると分析しています。

6シーズン、広島を率いていて、今シーズン、広島がリーグ優勝できるようなことがあれば、非常にうれしいことです。ただ、今の広島を見る限り、今後、どうなっていくのか、と心配なところがあります。なぜなら、私自身も広島で彼らとともに戦っていた人間ですから。今日は、我々の守備が非常に良かったゲームでした。それは後ろでブロックを作るという形ではなくて、前でボールを取りに行くという形での良い守備がはまった。それが今日の勝利のポイントだったと思います。

前に質の高いボールを、後ろから入れさせない。我々が前から行くことによって、相手が長いボールを蹴らなければいけない状況をうまく作り出せました。相手は前に高さのある選手がいません。そういったところで我々は試合を決定づけることができました。同数ではめにいくというのはなかなかリスキーだったと思います。日本のほとんどのチームは4枚で相手の攻撃の組み立てを阻止しようとします。

ただ、今日は我々は同数でいきました。前が5枚で守備にいけば、後ろも同数です。相手に、もし、すれ違うような場面を作られれば危険です。ただ、今の広島と、今の浦和を見る限り、それができるのではないかと思い、そういう指示を出しました。非常に興味深いゲームだったのではないかと思います。広島の強さはワイドな選手の部分だと思いますが、そういったところを若干捨てるような形でしたが、そうしたとしても、相手を上回れました。内容的にも今日は、我々が勝利に価するようなゲームだったと思います」

(元記事: http://bit.ly/UxilOQ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です