vsサンフレッチェ広島「上位対決の熱戦、3ヵ月ぶりにホームで勝利を飾る」

17日、第32節サンフレッチェ広島戦。埼玉スタジアムの天候は曇。14時、入場が間近に迫るとサポーターが『威風堂々』を響かせ、決戦ムードを盛り上げる。いざ入場が開始されると、ゴール裏には月桂樹に囲われたクラブエンブレムが描き出された。そしてキックオフ直前、円陣を組む選手たちの背中に『We are REDS!』の大声援が降り注いだ。

柏木を負傷で欠くレッズは宇賀神が左ワイドで先発、梅崎がシャドーに入る布陣でスタート。サンフレッチェが引き気味でスタートしたこともあり、高いボール支配率でゲームに入った。6分には、槙野がカットインドリブルからエリア外で右足を振り、両チーム通じて最初のシュートを記録する。…

(元記事: http://bit.ly/Uxih1x 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です