vs川崎フロンターレ「アウェイで攻め続けるも追加点を奪えず」

7日、チームは等々力陸上競技場での第31節川崎フロンターレ戦に臨んだ。浦和レッズのディフェンスライン中央には、前節で負傷退場した永田に代わって山田暢が今シーズンリーグ戦では初先発となった。試合2日前に別メニューから合流を果たしたばかりの柏木もピッチに立った。

19時3分、フロンターレのキックオフで始まった前半、立ち上がりはFKからマルシオ リシャルデスが相手ゴールを脅かすなど惜しい場面があったものの、その後はフロンターレがボールを支配。だが、レッズは焦ることなく厚い守備ブロックを作って、フロンターレの時間をしのぐ。…

(元記事: http://bit.ly/PF50aj 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です